Skip to content

キリスト教教育と関東学院高等学校

キリスト教教育と関東学院高等学校

創立130年を誇る長い歴史と多くの先輩が築きあげてきた、キリスト教精神に基づく学びが、関東学院高等学校の建学の理念として掲げられてきました。
指針となるのは、校訓の体現がキリスト教精神に基づく高邁な人格を備えた人間形成を教育の目標であるところです。
奉仕するために学ぶだけでなく、奉仕することのできる人こそが真の人間であると理解し、奉仕と学びは相関関係において捉えられ、奉仕することを通して人になれという事が関東学院高等学校の建学の精神でもあります。
元来キリスト教は今でこそ世界宗教として存在していますが、その考え方は、現代社会が必要とする人材の育成を考えていると思います。
他方で、現在社会では、自由経済市場の世界規模への拡大に伴う競争社会の出現という側面を持ち、その中で貢献できる人材育成として、根底にある地域社会を支える資質と精神が求められてきます。
関東学院高等学校に通う一人ひとりがこの建学の精神に沿った学びを通して、社会にも地域の社会にも貢献するような「人」になって欲しいと考えています。

人材育成と関東学院高等学校の役割

人材育成と関東学院高等学校の役割

関東学院高等学校では、社会が変化していく中、何をなすべきか自問自答する中で、校訓を実践することが、将来の社会に貢献する人材育成に貢献できると考え、社会に必要とされる人材を輩出し続けることが使命と考えています。
社会に貢献できる人材とは単に人のために行動する知識や技術を身につければよいと言うものではなく、むしろ根本にある精神の育成が最も重要だと考えています。
これらの行動を支える日々のキリスト教教育の結果が社会に貢献できる人材の育成となる事が、まさに校訓の実践と重なってくると考えています。
学校での学びだけではなく、実践の場に身を置き経験すること全てが関東学院高等学校の教育プログラムの一環として蓄積され、子どもたちは社会に貢献するために必要なことを学ぶことができるのです。
多様化が進む現代の共生社会において、関東学院高等学校の使命を今一度見つめなおし、あるべき教育の姿を実践し、校訓に沿って、前向きに社会に貢献できる人材として活躍できる事が建学の理念に通じると考えています。

関東学院高等学校の概略

関東学院高等学校の概略

関東学院高等学校は、その起源が横浜にある明治17年創立の神学校までさかのぼる歴史と伝統が自らの誇りとなる中高一貫学校です。
関東学院高等学校はキリスト教をもって建学の精神とし、「人になれ奉仕せよ」が校訓となっています。
学校施設は小高い丘を絞地とするため手付かずの自然環境が残り、横浜市歴史的建造物に認定された中学校本館や最新機器のそろう情報処理施設のある高校校舎が配置されています。
関東学院高等学校は落ち着きとともに活気に満ちた学校生活を確保されるので、豊かな環境の中で一人一人の感性を伸ばす教育を実践しています。
学校のカリキュラムは「わからない」から「わかる」、そして「知りたい」へ、これらを授業を通じて徹底しています。
関東学院高等学校に通うことの楽しさ
関東学院高等学校の一番の特徴であり、力を入れているキリスト教教育の側面から見ると、関東学院の生活は礼拝から始めることが基本であるとし、その理念は礼拝を全ての中心におき、建学の精神から神の前で喜び生きる人、神によって社会に貢献する人を育てるという使命を負っていると考えられます。

松戸の信頼できて長く付き合える歯科医院

松戸の信頼できて長く付き合える歯科医院

歯だけは痛くなったら医者に駆け込むしかないというのが定説ですし、自身も痛くなってから助けて!という思いで歯科に駆け込んできました。
実際加齢?を原因とする歯周病と診断されてみて、歯が健康であるありがたさを身に染みるという情けない思いをしてみて、マイドクターといえる医師の必要を感じ、自身の終の棲家になるであろう松戸で歯科を探していたわけですが、そんな折たまたま大学病院で医師をしている同級生と話す機会に恵まれました。
互いの年齢もあり、健康談義に花が咲き、先日の出来事と歯周病の治療について聞いてみました。
友人は専門ではないものの、知識は持っていました。
歯周病こそどうしようもなくなってから発見されるケースが多く、多くの病院では積極的な治療はしないとのことで、長い目で見た定期的な医師によるチェックと日々のケアの重要性を説かれました。
ちなみに彼も歯科医院には通っているとのことで、どのように信頼できる医院と出会えるかの問いに、医師仲間での紹介が最も多いが、結局は人と人とのこと、人間性が一番であり、病状と治療方針、それに係る値段を明確に説明ができるかということを言っていました。
松戸で新たに歯医者に通う自分もいかに医師を信頼し、定期的に通う時間を持つことが、自身の健康的な加齢に必須なのだと改めて自覚する出来事でした。

松戸で24時間ネット予約可能な歯科医院がある

松戸で24時間ネット予約可能な歯科医院がある

松戸市はどうやら歯科の激戦区であるらしいという情報を得て、情報を求めています。
ご近所の方や子供の学校の友達に聞くのが一番と思っている歯科医院選びですが、どうも松戸に限ってはその比ではなさそうです。
5年の支店勤務を経て東京本社勤務に戻るにあたって妻の実家のある松戸市に新居を購入し、来月引っ越すことに決まっているのですが、問題は子供ではなく、この10年ほど歯医者に行っていない自身の右上の奥歯にものがしみるのを感じたらその歯がぐらつくようになり、ものをかんだ時に激痛が走ったのが数日前。
どうにも我慢ができずに勤務先近くの歯医者に駆け込んだのはいいのですが、虫歯ではなくあっさりと「歯周病ですね」といわれ、歯と歯茎の状態を現状維持させるしかないといわれ途方に暮れてしまったわけです。
歯のクリーニングをして・・・、そんなことで何回も医者に通う時間はない。
結局その日から入念に歯磨きをし、使い慣れない歯間ブラシと糸ようじを使って徹底的にケアするものの一向に好転はせず、右側でものをかまない食事となって数日がたちます。
引っ越しを機にこの状態を打開すべく、リサーチを始めたところ24時間ネット予約は当たり前だったり、スタッフの紹介や料金表がしっかりしていたり、自身の常識からかけ離れ、進化した松戸の歯科医院の数々にあっけにとられてしまったわけです。

初めて住む松戸で歯科医院を探しています

来月引っ越す松戸市で歯周病の治療ができる歯科医院を探しています。
ことは子供の歯の虫歯治療ではなく、50代の自身の歯の存亡をかけた歯周病の積極的治療です。
口コミより何よりその専門性と治療の可能性で模索していました。
歯周病という病気自体、なんの知識もなく、ただ歯茎が炎症を起こし歯が抜けてしまう病気という程度のテレビ受け売りの知識しかなく、専門医の存在も治療の方法も全くわかりませんでした。
ところが歯周病専門医や歯周病治療に力を入れている医院があり、さすが激戦区松戸と思えるような、治療方法もわかりやすく解説しているところもあり、心強く思いました。
あくまでもついでですが、一般の歯医者さんも、妻や子供のために検索をしてところ、新居の近所によさそうな医院を発見できたことも収穫です。
幸い自身の歯のトラブルは入念な歯磨き等のケアのおかげか安定しており、松戸に引っ越すまではどうやら持ちそうです。
松戸にある優しい歯科ってどこだろう
こんなことなら定期的に歯科医院に通ってケアしてもらうべきだったと反省しきりですが結局後の祭り。
どうにか入れ歯にならずに年齢を重ねられたら・・・と思いながら来るべき治療に期待をかける今日この頃です。

幼児教室に東京で通ってみよう

幼児教室に東京で通ってみよう

子供の時からある程度勉強を進めておくことで、小学校へ入学した時に授業を理解しやすくなると言われています。
ですから東京で幼児教室に通わせることをおすすめします。
そこでは子供のレベルに合わせて授業を進めていくので、絶対にできないことはありません。
通い始めた最初の頃は上手く授業を理解できないかもしれません。
ですがその場合は、子供が緊張していることが原因に挙げられます。
何回も通うと緊張が解けるので、その頃には進んで授業に参加してくれると思います。
同い年の子供が幼児教室には集まるので、友人ができやすいのもメリットになります。
子供だって、知らない人の中で勉強することはつまらないでしょう。
仲の良い友人が何人もいることで、楽しい雰囲気の中で勉強を進めることができます。
それが勉強を理解する時に重要なので、幼児教室に通わせる時には、楽しい雰囲気のところを選択してください。
子供のためを思うなら、そこまで東京で真剣に考えましょう。

楽しい幼児教室を東京で見つけよう

どのような方法で授業を進めているのか、東京にあるそれぞれの幼児教室を調べてください。
幼児の時から勉強を進めることが重要とは言われていますが、それが強制的になってはいけません。
それでは勉強がつまらないものだと認識してしまうので、勉強嫌いな子供に成長してしまいます。
1度嫌いになったものを好きになるのは難しいので、そうなった場合はこれから小学生、中学生と年齢を重ねても勉強が嫌いなままだと思ってください。
小学生までは、それでも何とか授業に付いていけたかもしれませんが、中学生になると英語など科目が増えるので、急激に授業内容が難しくなると言われています。
ですからその時、勉強嫌いなままだと成績がどんどん低下してしまうでしょう。
年齢を重ねても問題無く授業を理解できるようにするには、幼児からの勉強が大事です。
また楽しいと思わせることが前提なので、ゲームなどを使いながら授業を進めている東京の幼児教室がおすすめです。

東京の幼児教室に見学に行ってみたい

見学をすることで、幼児教室で行っている授業方法を具体的に把握できます。
東京でホームページを見たり口コミを調べることで、ある程度の情報を確認することができるでしょう。
ですがそれだけで満足しないでください。
自分の目で確認しなくては分からないことが多いです。
特に子供との相性が良いと言う部分はとても重要になると覚えておきましょう。
どんなに授業が分かりやすくて良い環境だと思ったとしても、子供が気に入らない場合は通うのを控えてください。
子供が納得しない幼児教室ではきちんと授業に参加できないので、勉強に対するモチベーションが下がってしまうでしょう。
それでは費用も無駄になります。
通うためには費用が必要になるので、その分はしっかり勉強できるところを見つけてください。
東京で見学に行く時は、必ず子供も連れて行きましょう。
幼児教室を東京で探してみると・・
すると幼児教室の雰囲気が気に入るかどうか判断できます。
子供が納得した場合は、その場で申し込みを済ませましょう。

静岡市在住の人にきく評判の歯科

静岡市在住の人にきく評判の歯科

静岡市には歯科医院がたくさんあり、よい歯科医院を探すのは非常に難しいです。
歯医者さんは一度行っただけでは治療が終わらず、月に何度か通わなければなりませんから、だいたいの人は子供の頃からかかっている家の近くの歯医者さんや、学校や勤務先から近くてすぐに行ける歯医者さんにかかることが多いと思います。
しかしどうしてもその歯医者さんは痛くていやだとか、より自分に合った治療を受けたいと思う人は少し遠くても歯医者さんを変えたいと思うでしょう。
最近はインターネットを使って、病院のホームページを見たり、実際にかかった人の感想を見て調べることができます。
また、静岡市は大都市ではありませんから、昔からずっと地元で暮らしている人が多く、そういった人たちは地元で評判のよい歯科医院をよく知っています。
治療法だけでなく、費用に保険が適用されるかどうかなど、行った人でないとわからないような細かな情報はやはり直接の声を聞くことで得られるものです。

痛くない歯科が静岡市にもある

痛くない歯科が静岡市にもある

日本は歯科大国です。
静岡市にも歯科医院は数多くあります。
日本人は骨格が小さい人種ですから、顎や口が小さく、それに伴い歯並びも悪くなる傾向があります。
歯並びが悪いと歯磨きをする際、歯ブラシが届かない部分や磨きづらい部分があり、磨き残しが生まれそこから虫歯になってしまうケースが多々あります。
ですから日本人は虫歯になりやすい民族であり、その分日本には歯科医院が多いのです。
しかし昔から歯医者さんは痛いというイメージがあり、敬遠されています。
虫歯の治療の際最も多い治療法が歯を削る方法ですが、歯を削る音は頭に響き、その音が痛みを増幅させているようにも感じます。
最近では歯を削るのではなく、溶かす治療法もあるそうです。
特殊な最新機器で虫歯部分を溶かすので、削る音が頭に響くこともありませんし、痛みも軽減されます。
静岡市にもその最新機器を取り入れた歯科医院があるそうなので、歯医者は痛くて怖いという人はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

静岡市の市街地に密集している歯科

静岡市の市街地に密集している歯科

さまざまな県や街を歩いてみて、静岡市は歯科医院が非常に多い街だと感じます。
特に市街地の周辺を通ると比較的新しい歯科医院や最近建てられたような高層分譲マンションに併設されている歯医者さんをよく見かけます。
日本ではコンビニよりも歯医者さんが多いと言われるほどですから、市街地に密集してあることは珍しくありません。
歯は一生ものですし、たとえば虫歯で痛みを感じたとき、痛みを我慢して自然治癒力で治るものではありません。
我慢できそうだと思っても、早めに歯医者さんに行き、治療してもらう必要がありますから、歯医者さんがいたるとことにあって、すぐに診てもらうことができるのは良いことです。
静岡市の中で優良な歯科とは
しかし、静岡市の市街地だけでも頻繁に目につくほど歯科医院は多いので、自分に合った病院を見つけるのは難しいでしょう。
せっかく数多くあるのですから、ホームページで調べたり、様々な病院にかかって、セカンドオピニオンを取り入れるのもよいでしょう。

動物に対する本当の愛情は何、村上豊彦が野良猫を見て思う事

動物に対する本当の愛情は何、村上豊彦が野良猫を見て思う事

猫大好き人間の私、村上豊彦が外出先から家に帰る途中、その道端で時々野良猫と遭遇します。
それは黒猫だったり、白猫だったり、ぶち猫だったり、三毛猫だったりと様々です。
大の猫好きの私にとって猫はかけがえのない可愛くてたまらない生物ですが、だからといって安易に餌をあげたり、抱き上げて可愛がったりという事はしません。
猫に限らず犬もそうですが、動物は一度餌をやったり可愛がったりすると、どうしてもその人間になついて甘えてしまうのです。
もしもそれが野生動物であればそれこそ人間を親だと思ってしまい、餌をもらえるのだと思ってしまい、生存競争の厳しい野生動物として生きる事が出来なくなってしまうでしょう。
世の中には、あるいは誰かに捨てられたかもしれない猫に、可哀想だと思って餌をあげてしまう人がいますが、なついてきてしまった時にどうするのでしょうか。
本当の愛情って何なのか私にもまだわかりません。
野良猫をいつも見てここまで深く考えさせられるとは思いませんでしたが、私、村上豊彦からの問いかけです。